prev07next
sunmontuewedthufrisat
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031-----

プロフィール

心臓の獣医師

Author:心臓の獣医師
「心臓病の愛犬と楽しく暮らすブログ」へようこそ!
管理人は犬猫の心臓病を診ている獣医師です。

愛犬の心臓病で何かお悩みがあるようでしたら、ぜひこのブログを役立てて下さいね。

FC2カウンター

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

心臓病の予防法は?

●ご質問

うちは、シーズが4頭いるのですが(11歳が2頭、8歳、2歳)
11歳の1頭が1年半ぐらい前に心臓病と診断されました。
最初は、咳がひどかったのですが、友人に手作り御飯の話を聞き、手作り御飯に変えたら、
咳が収まってきました。

小型犬は、心臓病になりやすいと聞きましたが、今のところ1頭だけです。

でも、他の子もそのうちなってしまうんではないかと心配です。
予防法、アドバイス宜しくお願いします。

●回答

ご質問ありがとうございます。

まず、生まれつきの心臓の奇形を含めると話が広がり過ぎますし、
フィラリア症は予防薬で予防出来ますから、それらは省きます。

ですから、犬の心臓病のほとんどを占める僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)や、
心筋症などのポピュラーな心臓病についてのお話しという事で進めます。


これらの心臓病を予防するにはどうしたらいいか?



答えは、「現在のところ不明」です。

なぜなら、病気の原因が分かっていないからです。





原因が分からないので、対策の打ちようがありません。

ですから予防も難しいですし、
治療も原因を取り除くのではなく、心臓の負担を減らして悪化を遅らせるという方針になります。


これが、公式見解です。







「えーーーー?!」という不安の声が聞こえてきそうです。
そのため、次回は公式でない見解もお伝えしたいと思います。

続きます。
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。