prev05next
sunmontuewedthufrisat
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031---

プロフィール

心臓の獣医師

Author:心臓の獣医師
「心臓病の愛犬と楽しく暮らすブログ」へようこそ!
管理人は犬猫の心臓病を診ている獣医師です。

愛犬の心臓病で何かお悩みがあるようでしたら、ぜひこのブログを役立てて下さいね。

FC2カウンター

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

心臓病の予防法は? 2

前回より続き

さて、

ここからは公式見解ではありません。
つまり、どの獣医さんに聞いても「その通りだ」と言うとは限らないレベルのお話しです。
そういうつもりでお聞き下さい。


まず、歯磨きを個人的には強くオススメします

僧帽弁閉鎖不全症や心筋症の原因であると証明はされていませんが、
細菌が歯の付け根から侵入して心臓まで到達する事があるのは事実なようです。

特に、心臓病を発症するような年齢になっていると、
心臓に負けず劣らず歯もとんでもない状態になっている子を沢山見ます。

もし何かやれる事を!とおっしゃられるのであれば、
僕はまず歯磨きからオススメしています。



さて、細かいテクニックを先に話してしまいましたが、
実はもっと大切な考え方(だと伊藤が感じているもの)があります。


「心臓病の予防法は?」というテーマでお話しをしていますが、
本来、予防というのは「○○病はこうで、△△病はこう」というものではありません。


健康的な生活を送る事


これが、心臓病だけでなく全ての病気に対する予防になるはずです。


ここで言っている健康的な生活というのは、
人ならば「衣・食・住」や、精神面が関わってくるものだと思います。
これらをより良くしていくという事です。


まあ、犬には「衣」はあまり関係ないので、

食・住・精神面

が大事になります。
食べるものと、住む環境、心の問題ですね。


これらは足し算と言うより、掛け算で結果が出ます。
極端な例を挙げると、

・最高の食事 × 最高の環境 × (飼い主が)不安だらけ
・ひどい食事 × 最高の環境 × (飼い主が)最高の精神状態

のようなケースでは、
一部でどんなに頑張っても思うような結果は得られにくい訳ですね。

しかも、最高の食事ですとか、最高の環境ですとか、最高の精神状態ですとか、
そんなものはこの世に存在しません。


ですから、そんなに難しく考えず、

愛犬にとって快適かつ健康的な暮らしを「意識する」ところからスタートしては?

と僕からはオススメさせて頂きます。



以上、非公式な伊藤の見解でした。

例によって解釈は人それぞれです。よろしかったら参考になさって下さい。
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。